「こころ」について

On the 11th (Japan Time), let us all pray together as one.
毎月日本の11日に 皆でひとつになりましょう。

「こころ Kokoro」は、 2011年3月11日に起こった
東日本大震災をきっかけに生まれました。
世界中の人が、人種、宗教、国境を越え、月に一度日本時間の11日(NY時間の10日)に
被災者と共に祈るプロジェクトです。

大地震と津波が東日本を襲った後、
NY時間3月12日午後11時(日本時間3月13日午後1時)に
世界中の沢山のひとが、被災地に向け同時に祈りを捧げました。
「離れていても日本のために何かがしたい」と強く願う人たちの
心が一つになった瞬間でした。

震災は、メディアの中であっという間に「過去」となっていきます。
でも被災地では、なかなか「過去」にはなりません。

世界の色々なところで、それぞれが日々祈りを捧げていることでしょう。
そんな中、毎月日本の11日に皆でひとつになることで、
私たちひとりひとりに何が出来るのかを模索し、
アイディアを出し合い、それを具体的に形にしていき、
長期に渡り、精一杯被災地を応援していきませんか。
ひとりひとりに出来ることは本当に「小さなこと」なのかもしれません。
でも、その「小さなこと」が沢山集まれば、それは必ず大きな力になるはずです。

被災地にいらっしゃる方にもこのプロジェクトのことを知って頂きたいです。
世界中で被災者の方々のことを祈る人たちがいることを
心が疲れたときに思い出して頂けたら嬉しいです。
そして、お時間が許すのであれば是非この祈りに参加してください。

毎月日本の11日に 皆でひとつになりましょう。

実施日:日本時間の毎月11日/NY時間の毎月10日

Advertisements

One Response to 「こころ」について

  1. 親愛なる友人の皆様へ

    素敵なお誘いを頂きありがとうございます。
    そして、日本のために祈ってくださり本当にありがとうございます。
    こちらでは、本当にとても悲しいことがたくさん起こっていますが
    世界中から届けられる愛に本当に勇気付けられています。
    愛の祈りとともに、物資、マンパワーの援助にも心より感謝しております。
    悲しいこともたくさん起こっていますが、日本が世界が
    今、愛に向かって進んでいることを強く感じております。

    被災地の東北の人達、そして日本中がみんなで力を合わせ
    日本の”有り難い””お陰様”精神で立ち上がり始めています。
    原発問題は今も現場ではたくさんの方が命がけの作業を続けてくださっています。
    アメリカやフランスなど、世界の皆様の援助も頂き、一歩ずつ確実に収束へ向かっていると信じております。
    因みに、放射能レベルは原発周辺は別として世界で報道されているほどではありません。風評被害が広がらないことを願っております。

    この愛の祈りに参加させて頂けますことを心より感謝申し上げます。
    世界中の愛に感謝致します。

    愛と感謝

    美咲りお

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s