8月 August

(*Please scroll down for the English version.)

皆様:

「こころ」は、東日本大震災を風化させたくない、亡くなった方々のことを忘れたくない、そんな思いで始まったお祈りの会です。月に一度、日本国内と海外にも呼びかけて、被災者の方々と共に祈りを捧げています。今月はNY時間8月10日(金)午後11時<日本時間11日(土)正午>に一斉に祈りを捧げます。   どうか、お時間が合えば参加してください。お時間が合わない方も、どうかこの日に共に祈りを捧げましょう。

お日様に向かって元気イッパイに笑顔を咲かせるひまわりの花。そんなひまわりの花を見ているだけで、こちらまで元気になれます。
東北に、そして日本中に元気を届けたいと、ひまわり畑で有名な岡山県笠岡市のグループが立ち上がりました。
「私たちは震災を忘れない。遠く離れていても、できることは必ずある。ひまわりの花に復興への願いを込めて、この笠岡から発信しよう。」
種を配り、その種が各地で花を咲かせ、その花から再び種を受け取り、そしてまた別のどこかで花を咲かせます。
配られる種には、ひまわりの花言葉が添えられています。
「いつも あなたを 見ています。」 ―東北を思う気持ちが、そこには詰まっています。
そんなひまわりの花のリレーは、この一年半を通じ、東北に、そして全国に広がりました。
そして、賛同者が後を絶たないこの活動は、遂にアメリカネバダ州でひまわりの種を宇宙に飛ばす一大プロジェクトへと発展しました。   子供たちによって、ひまわりの種がピンポン玉に詰められました。そしてピンポン玉には、皆のメッセージが書かれてありました。こうして、ひまわりの種と皆の思いが詰まったボールは、気球によって高度30キロの成層圏まで運ばれたのでした。

種を乗せた気球が宇宙を旅する映像を見て、東北の子供たち、そして親御さんからは歓声が上がったそうです。
「その時のみんなの笑顔を、僕たちは決して忘れません。」
プロジェクトのメンバーたちの笑顔も、ひまわりに負けないぐらい飛び切りのものでした。

宇宙を旅したひまわりの種は、この夏、福島でも花を咲かせます。
成層圏の厳しい環境を潜り抜けた種は、復興を応援する皆の思いを精一杯咲かせることでしょう。

今月の「こころ」は、NY時間8月10日(金)午後11時<日本時間11日(土)正午>です。
東北に元気を届ける、そんな祈りの時間を共に持ちませんか。

このお知らせは、どうぞご自由に転送して下さい。

こころスタッフ一同

Homepage: https://311kokoro.wordpress.com/
Facebook: http://www.facebook.com/311kokoro
Twitter: https://twitter.com/#311kokoro


Dear all:

“Kokoro” is a circle of prayer which started to keep the memory of the March 11th Great East Japan Earthquake and its victims forever in our hearts. Every month, we ask people all over the world to join us in our prayer: August 10th at 11pm New York time (August 11th at 12:00 noon in Japan).

Sunflowers are looking up at the sun, smiling.
Just looking at them gives us strength and energy.
A group in Kasaoka City, Okayama prefecture, which is famous for its sunflowers, stood up to strengthen the energy of Tohoku and the rest of Japan.

“We will never forget the disaster.  Though we are far apart, there are always things we can do.”

Thus, they first handed out sunflower seeds and these seeds eventually bloomed in different places; the seeds that they produced were again distributed to other places. With these seeds, a flower message of the sunflower was sent along.
Its flower language is “We will always watch over you”.

In a year and a half, this relay of sunflower seeds spread throughout Tohoku and to the rest of Japan.
This activity, supported by many people, soon became a universal project; in Nevada, USA, the seeds were sent out into the skies by an air balloon.
The seeds were placed inside ping pong balls by children. On each ball, there was a message written by the people involved in the project.  In the air balloon, the ping pong balls were carried to the stratosphere, carrying the love from the participants into space.

When the children and adults in Tohoku saw the hot air balloon travel into space, there were cheers.
“We will never forget the smiles of the people there,” said one member of the sunflower project.  The smiles on the members’ faces were as big as the sunflower.

The seeds that travelled to space will bloom in Fukushima this summer.  They have survived the tough environment of the stratosphere and they will bloom, with love and hope for Tohoku’s recovery.

This month Kokoro will give prayers on August 10th at 11p.m. New York time (11th at 12 p.m. noon in Japan).
Let’s send out our energy and wishes to Tohoku through the prayer.

Arigato(Thank you),

Kokoro

Homepage: https://311kokoro.wordpress.com/
Facebook: http://www.facebook.com/311kokoro
Twitter: https://twitter.com/#311kokoro

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s