2月 February

Dear All:

“Kokoro” holds a circle of prayer once every month with people from all over the world and people from the afflicted areas in Japan. On Friday February 10th at 10pm New York time (Saturday the 11th at 12:00 noon in Japan), we ask you to join us.

We saw on television about a free “karaoke car” that goes around the temporary housings in Iwate prefecture. Everyone was having a good time– their faces were beaming.

In Hanamaki, a boys’ and girls’ orchestra was formed after the earthquake. There were photos of 95 elementary and middle school students who practice every day. They looked animated and full of life.

A friend, who goes to a fishing harbor in Ishinomaki to do a volunteer work, sent me this email. “You wouldn’t believe how lively these fishermen are– you get energized just spending time with them. The people of Tohoku are such hard workers. I’m deeply touched with their diligence.”

In Miyagi prefecture, strawberries from Sendai were being sold. After the earthquake, the strawberry farms took a beating, but now they have recovered. The strawberries are red, ripe, and large. A friend who ate them said, “It was the taste of reconstruction, the taste of hope.”

In Iwaki, Fukushima, the traditional “Daruma-Doll Fair” was held by the people who evacuated from the town of Futaba. The festival was bustling with people who came to see the traditional event. Wishing for the recovery of Tohoku, young people carried the “mikoshi”(portable shrine) around the temporary housings, shouting “For Futaba-cho, for the future!”

This month, “Kokoro” will hold the prayer on Friday February 10th at 10pm New York time (Saturday the 11th at 12:00 noon in Japan). Please join us in our circle of prayer and let us express our gratitude for the people in the disaster areas for lifting our spirits. Please forward this e-mail to your friends.

Arigato (Thank you),

Kokoro

Homepage: https://311kokoro.wordpress.com/
Facebook: http://www.facebook.com/311kokoro
Twitter: https://twitter.com/#311kokoro


皆様:

「こころ」は月に一度、世界中の人が人種、宗教、国境を越え、東日本大震災の被災者の方々と共に祈る会です。今月はNY時間2月10日(金)午後10時<日本時間11日(土)正午>に一斉に祈りを捧げます。どうか、お時間が合えば参加してください。お時間が合わない方も、どうかこの日に共に祈りを捧げましょう。

岩手県の仮設住宅を無料で巡回する「カラオケカー」がテレビに映っていました。みんながとびきりの笑顔で、とても楽しそうに歌っていました。

花巻市では、震災後少年少女のオーケストラが誕生しました。小中学生95人が日々練習に励んでいる姿を写真で見ました。みんな生き生きと、本当にいい顔をしていました。

石巻市の漁港にボランティアに行っている友達がメールをくれました。「漁師のおっちゃん、めっちゃ元気やねん。一緒にいるだけでこっちが元気になる。ほんま、東北の人って本当によく働く…感動するよ、あの働きっぷり。」

宮城県では仙台イチゴが販売されました。震災で大打撃を受けたイチゴ農家でしたが、見事に復活。大粒の、まぶしいほど赤い色をしたイチゴ。それを食べた友人が、こうつぶやきました。「これは復活の味、希望の味だ。」

福島のいわき市では双葉町から避難している人たちによって伝統のダルマ市が開かれました。ふるさとの伝統行事にたくさんの人が集まり、大にぎわいでした。復興(復幸)を願うこのお祭りでは、みこしを担いだ若者が「ふるさと双葉、未来へつなげろ」の大きな掛け声とともに仮設住宅を練り歩きました。

被災地の復興力と前向きな強いエネルギーに、支援する側のわたしたちが逆に励まされているように思い、感謝の気持ちでいっぱいになりました。

私たちは皆繋がっています。

日常にある小さな奇跡に気づき,感謝の気持ちを忘れないように過ごし、そして元気でいること… これも私たちができる復興に向けての大切な手助けの一つのように思います。

今月の「こころ」は、NY時間2月10日(金)午後10時<日本時間11日(土)正午>です。今月は、被災地で元気に頑張っている方々に「ありがとう」の気持ちを込めて、皆で祈りを捧げませんか。このお知らせは、どうぞご自由に転送して下さい。

こころスタッフ一同

Homepage: https://311kokoro.wordpress.com/
Facebook: http://www.facebook.com/311kokoro
Twitter: https://twitter.com/#311kokoro

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s